発酵食品の魅力的過ぎる効果を徹底紹介

発酵食品の健康、美容への効果など、魅力を伝えています。

*

発酵食品とは?

発酵食品が注目されていますが「発酵食品って何?」という疑問を持っている人も、少なくは無いでしょう。そこで、発酵食品とは何なのかという部分を、ここで深く掘り下げてみたいと思います。興味を持っている人や、発酵食品を追求したい人は是非読んでいってください。

身近な所にある食材

発酵食品というと、難しそうな感じがするかもしれませんが、実はとても身近なものなのです。誰もが知っているであろう【納豆・醤油・味噌】といった、豆を加工しているこれらの食材は、発酵食品です。その他に【ヨーグルト・チーズ】などの乳製品や【キムチ・ぬか漬け】などの漬物類も発酵食品になります。

私たちが食べている日々の食事の中には、上記の食材が使用されていることが、多いと思いませんか?つまり、私たち人間はいつの間にか、発酵食品を体に良いものだと認識して、食生活に取り入れているのです。

発酵とは?

納豆をつくる際に【納豆菌】が使われているのは、ご存知かと思います。この、納豆菌というのは【微生物】の種類であり、微生物というのは、目には見えないとても小さな生物のことを言います。

食べ物に微生物を入れると、微生物の働きが作用して、分解していき、変化を遂げます。食べ物が、元とは異なる状態になるということです。例えば、大豆に納豆菌を入れると、大豆から納豆へ変化するという状態を、発酵すると言います。

しかし納豆のように、食べることができて、体にも良い影響を与える変化ができれば良いですが、悪い変化をもたらすこともあります。微生物が食べ物を分解して【腐る】という変化を引き起こす事もあるのです。つまり、私たち人間の体にとって、良い影響や働きを備えた食材に変化したものを【発酵】というのです。

発酵食品の歴史

とても古い時代から、発酵食品は愛されてきました。お酒も発酵食品ですが、およそ1万年前から飲まれているという事が、わかっています。さらに、江戸時代になると「納豆・味噌汁」を食べていたと言われています。このように、発酵食品はとても歴史のある、人間の生活に欠かせないものだったのです。

 - コラム

  関連記事

p014
毎日飽きずに食べれる発酵食品とアレンジレシピ

飽きずに発酵食品を食べ続けるために、毎日食べられる3つの食品と、そのアレンジレシピを提案。また、発酵食品を調理する際に注意しておきたいことも併せて紹介しています。

p002
酵素との関係

発酵食品と酵素を同じものだと思っている人がいますが、2つは全くの別ものです。しかし発酵食品には酵素が豊富に含まれているという特徴があります。なぜ含まれているのか…

p005
主な発酵食品16種類のまとめ

発酵食品には、どのくらいの種類が存在しているのか?全て紹介しきれませんが、代表的な16種類を一覧にしてみました。ご飯のお供や漬物類、お肉や魚類、お酒類、乳製品など。どんな方法で発酵するのかも一緒に載せています。

p010
健康・美容面で発酵食品に期待できる効果

発酵食品を摂ると、次第に腸内環境が整ってきます。その結果として、得られる美容・健康への効果について紹介。食べるメリットを知っておくことで、モチベーションを下げずに続けましょう!